覚える事が多過ぎて大変です

以前に勤めていたコールセンターの体験談です。バイトではありましたが時給はそれなりによかったのが私の甘い考えでした。まず、覚える事が広辞苑ほどある。決して言い過ぎではない。覚えても覚えても追いつかない。毎日毎日頭に詰め込む日々でした。また目の前には2台のPCとお客様からのコール待ちが常。SVの方に会話内容を聞かれている緊張感と専用PCの入力作業のややこしさ。「この場合はこういう風に対応してね」と教えていただいても同じスチュエーションの様な入電はほとんどありません。5年以上働いている先輩方さえも毎日わからないことだらけだと嘆いていました。いくら覚えても、新しい料金システムが増え、新たしい機種が増え、それに伴って規約も変わるしため息の連続でした。頭がいくらあっても足りない状況でした。なので長い研修を経て実践に移っても続く方がほとんど居ない状況です。お客様から「ありがとう」と言ってもらえる事もほとんど無いので、携帯会社のコールセンターにやり甲斐を感じるには凄く時間がかかるかもしれません。また、コールセンターの業種の中で携帯会社が一番大変だと思います。ある意味、頑張って働き続けている先輩方がたくましく、素晴らしいと思っています。

お客様からの当たりがきついです

もう、これは知らない相手の家に電話をする、コールセンターのアルバイトなので仕方がないことなのですが、電話をかけた相手によっては、とんでもない罵詈雑言を吐かれたりして、なかなか精神的にキツイです。研修の際、指導に当たっていた方からは、そういう目に遭うこともあるが、全ては馴れだというようなことを言われたりもしていました。しかし、馴れている人ならば、そういう目に遭っても何となく丸く収める方法を体で分かっていたり、ムカっとくるようなことを言われても上手く受け流すことも出来るかもしれませんが、仕事を始めて右も左もわからない内に一度そういう目に遭ってしまうと、電話を掛けること自体に恐怖心が芽生えてしまいます。中には、自分の知らない会社や、自分と関係の無いと思われる会社から電話が掛かってきただけで敵だとみなすような人もおり、電話だと顔も見えてないのもあって、一方的に怒鳴り散らされることも少なくありません。また、相手に敵意は無くとも、研修のマニュアルに無いような話をいきなり振られて対応に困ったりなんていうこともあります。さらに、私の勤務先は少ない人達が大人数を管理しており、困った際になかなか助けを求められないという部分もありました。もちろん、勤務しに行くコールセンターにもよりますし、何を扱っているコールセンターであるかにもよるかとは思いますが、大なり小なり、電話口で嫌な思いをすることはあると思います。

1日に何百件とコールして大変でした

何年も前でしたがコールセンターでバイトとして働いておりました。今はパソコンで電話しながら入力したりするのでしょうが、働いていた時はまだそれではなく電話をかけ、自分で内容など記入しておりました。まずは保険の資料を送らないといけないので、1日に何百件とコールしておりました。なかなかきついものでした。全国にかけるので合う地域や合わない地域がありお客様から怒鳴られたりするとへこんでおりました。あと保険を売るお仕事なので試験を受けないといけないのでそれに合格してから、保険を売っておりました。電話で保険を売るのはとても難しいと思います。若い方ならまだよいですが、年齢が高い方にはわかりやすく説明しないといけないので大変でした。誤解を招く事もあるのでちゃんと録音されているし、何だか隔離されてる気分がして辞める何ヶ月か前から、息苦しさを感じきつかったです。多分合わなかったんだろうなと思います。もちろんクレーマーもおります。相手の顔が見えない分よい事もあれば悪い事もあったと思います。他の分野でウォーターサーバーなどもやっていたようですがきついです。同じコールセンターでもお客様からかかってくるコールセンターはちょっとわかりませんが。