総合的に大変

時給が高くて割りが良いと良く山崎パンのバイトが紹介されます。確かに時給は高く、様々な作業が用意されています。例えば、レールから来るパンをひっくり返す作業やレールから来るケーキに異物が付いていないかを確認する、各コンビニに納品するパンを仕分ける作業などがあります。数年前に私が体験した作業は、各コンビニに納品するパンを仕分ける作業です。何故それを選んだかと言うと、自分がバイトとして選んだ作業は唯一音楽が流れている作業場だからです。他の場所は音楽が掛かっていないので、どれもが精神的に参ると思ったからです。夜間にするものですから、睡魔と戦って行かなければなりません。そしてあまり説明を受けずにやらされ、ミスをしたり、行動が遅いと社員からの怒号が飛び交います。ちなみにこの作業は、走りながら必要なパンをカゴに入れていくものなので体力が必要となります。休憩が有りますが、そこまで休めるものでもありません。そして、自分が体験した作業で1番大変だったのは、余りにミスや作業が滞りなく出来ないと、作業終了前に上がらされてしまう事です。深夜に万が一上がらされたらずっと休憩室で電車が発車する時間の始発まで待たなきゃいけないからです。なのでするなら自力で帰る手段があると良いです。

時間が経つのが遅い気がして大変

山崎パンのライン作業のアルバイトをしていました。日によって何の食品のラインに入るかは知らされていなかったのですが、どこのラインに入ったとしてもひたすら単純作業の繰り返しで時間が経つのが遅く感じて仕方ないです。もう1時間くらい経ったかなと思って時計をみると15分しか経っていない、そんな感じで終業まで時計を気にしながら働いていました。誰かと喋りながら作業が出来れば、少しは時間が経つのも早く感じるかとは思うのですが、お喋りは禁止ですし機械音のみで基本的に皆、無言です。もちろん何か別の事を考えながら作業をしたり、ひたすら「無」の状態になろうと色々と試してはみましたが、具体的にこうすると時間を早く感じるという方法は見つかりませんでした。私の場合は多少しんどくても時間が経つのが早い方が合っていると、このアルバイトで感じました。残業をお願いされる日もありましたが、私は派遣という事もあり毎回断らせてもらっていました。特に断ったからといって嫌な顔をされたりというのはなかったです。正直、合うか合わないかは人によって極端なアルバイトだと思います。派遣を含めて短期のアルバイトも募集していると思うのでまずは1日、試しに働いてみてからその後を考えた方がいいかと思います。

同じ作業の繰り返しが大変

大学生の頃、夏の約1カ月の短期のアルバイトで、山崎パンで働きました。時給がよかったので、きついだろうと覚悟していきましたが、思っていた以上に精神的にきつかったです。まんじゅうの下に敷く透明のトレーをひたすら置くなどの簡単な流れ作業で、ひたすら同じことの繰り返しです。食品を扱う仕事なので、目以外は覆いつくされていて、蒸し暑い中での作業ということもあり、次第に感情が無になり、自分が機械になったかのような感覚に陥ることがほとんどでした。商品を梱包するビニールが機械に挟まることもあり、機械の調子が悪くなると作業も止まるため、イライラする人が多くなり、雰囲気まで悪くなることも多々ありました。基本、個人で作業なので、他の人と会話をすることはありません。工場内にいる時は、目以外は覆われているので、お昼など、休憩スペースに行っても、帽子などを取ると誰が同じブースで作業していた人かもわからず、アルバイトを通して知り合いができるということはまずありませんでした。短期間で時給も高めだったので、耐えることができましたが、継続して働こうとはとても思えませんでした。人との関係が面倒な人には、向いているアルバイトかと思います。