肉体的にも精神的にも大変です

27~29歳まで1年半ほどリラクゼーションサロンでセラピストのバイトをしていました。営業時間は朝10時から夜10時までで、自分の好きな出勤時間を選べるということに魅力を感じ入店しました。このバイトのきつかった点はいくつかあります。1つ目は、当たり前かもしれませんが小柄な私が大柄な男性客の体をマッサージすることが想像以上に大変でした。中には、とにかく痛い位でないと効かないという方もいるので、そうなったらこちらも渾身の力を込めてマッサージしなくてはいけません。翌日には全身が筋肉痛になっていることも多々ありました。そして、なるべく最小の力でお客さんに満足してもらうためのマッサージの勉強は、空いた時間にはかかせませんでした。2つ目は、予想していなかったことなのですが、私の容姿が年齢よりも若く見えるためお客さんに不安を与えてしまい、それがあからさまで辛くなることがありました。やはり年齢が40代や50代のセラピストは新人でも歴の長いプロに見えるため、ペアで来店したお客様などは、40代のセラピストが担当になった方は嬉しそうで、私が担当になった方はがっかりしていました。3つ目は営業時間の長さです。私は他で掛け持ちをしていなかったので、給料を稼ぐために朝から出勤していたのですが、お客さんの入らない日は給料は入らないのに何時間もずっと待たなくてはならず、それがだんだん苦痛になってきました。肉体的にも精神的にもきつい仕事でしたが、指名客がついてなじみのお客さんが増えていくことでやりがいを感じる仕事でもありました。