焼肉屋のバイトはきつい?

お客さんがすぐ文句を言うので大変でした

大学2年生の時から卒業まで、ファミリー向け焼き肉チェーン店のホールスタッフのアルバイトとして勤務していました。これまでたくさんのバイトをしましたが、この焼き肉店のバイトが群を抜いてきつかったです。理由は、まずお客様がとにかく肉をがっつくつもりで来店しているので、混雑時に少し品出しが遅くなるとすぐにお客様がイライラしだし呼び出されて「持ってくるのが遅い!」と文句を言われるのです。肉なんてすでに切ってあるものを出すだけだと思われるお客さんが多いのでしょう。しかし、ファミリー向けの安価な焼き肉店なため若い男性客もとても多く、時に信じられない量のオーダーが入るのです。そうなった場合、切ってある肉のストックが切れ、ピーク時に一から肉を切らなければいけないという大変な作業に厨房は追われることになるのです。これまでフレンチレストランでのバイト経験もあり、その時のお客さんはおしゃべりを楽しみながらゆったりとお料理が運ばれてくるのを待っていましたが、同じ飲食店でもこうも違うものかと驚きました。また、オーダーがたくさん入った時に起こりがちだった問題で食器洗い機が間に合わず、お料理を出すためのお皿が無い!という非常事態です。そして、それに伴い床には置ききれなくなったたくさんの使用済み食器が。まさに足の踏み場もない状態になります。厨房内もホールスタッフもパニック状態でした。一口に飲食業といってもたくさんの種類がありますが、飲食店でもどういったお客さんが多いのかピーク時にはどういう状態になるのか予想してから面接を受けるべきだと痛感した経験となりました。

肉の脂との闘いで大変でした

焼肉屋は飲食店の一つの業態です。居酒屋やその他の飲食店との基本的な仕事はほとんど一緒だと言えると思います。ホール担当なら配膳、接客など。キッチン担当なら洗い場、商品の調理など。では、居酒屋やその他飲食店と焼き肉屋の違いはどこでしょうか。私はホールを担当していましたが、大きな違いはテーブル、床、壁に付着した肉の脂の掃除です。焼き肉屋はどんなお客様でも必ず各テーブルで肉を焼くという調理をお客様自身でします。すると当然肉を焼いた際には脂があちこちに飛びますし付着します。普通の飲食店ならばキッチンという一つの限られた場所で調理を行うので汚れるのもその場所だけで、掃除もその場所を掃除すればこと足ります。が、焼き肉屋の場合はその場所が店全体に席数分ある状態です。掃除の量が増えるのはもちろんその場所はお客様が利用する場所でもあるので常に綺麗にしておかなければならず、お客様が帰る度に磨かなければならないので、その手間と作業量が多く大変でした。さらに、掃除の内容も問われます。パッと見綺麗でもテーブルに手を置いてベタベタしたりヌルっとすればお客様は不快になってしまいますし、残ってた脂が衣服等に付着したら大変なことになります。とにかく肉の脂、その脂との闘いが本当にやっかいでした。

不潔なところが大変でした

私は主に開店前の仕込みとキッチンを担当しています。仕込みは店内の掃除やテーブルセッティングをするのですが、厨房の裏が汚すぎます。焼き肉屋なので床やバケツは油でべとべとだし、蛇口までもがベタベタしています。ゴキブリが出る事もよくあります。一応食品を扱っているので手洗いは徹底しているのですが、掃除用具があんなに汚いと大丈夫なのかなと思ってしまいます。コンロや床が汚れてしまうのは仕方がないことだと思うのですが、バケツやモップ、クロス等は新しく清潔なものを使ったほうがいいと思います。スプーンなどのカトラリーもすべて食器洗い機で洗うので、洗い残しがとても多いです。コチュジャンなどがついたままなので、他の食器にも移ってしまい二度手間になってしまいます。お客様が使うものなのでそこは妥協できません。楽屋も汚いです。タバコを吸う従業員が多いのですごくタバコ臭くて具合が悪くなります。別に禁止されているわけではないので、我慢するしかないのですが…。店内をきれいにすることが私の仕事なのですが、働く環境が清潔感にかけていたらどうしようもありません。他の飲食店で働いたことがないので、もしかしたらほかの飲食店も裏側はこんな感じなのかもしれませんが、そこが焼き肉屋で働く上できついことです。

かるび亭のバイトはきつい?

焼肉屋

網の交換とお酒の種類を覚えるのが大変です 私が焼肉屋のかるび亭でバイトをしていたときにきついな~と感じたことは、肉を焼く網の交換とお酒の種類と名前を覚えることでした。網の交換はかなりの頻度でお願いされる為、オーダーで忙し・・・

牛角のバイトはきつい?

焼肉屋

平日でも忙しいので大変です 私は一時期、牛角のアルバイトをしていました。主婦の人でもアルバイトとして雇ってくれるという話を聞いていましたし、ママ友さんも牛角でアルバイトをしていたことで、私にもできるのかなと簡単に気持ちで・・・

ページの先頭へ