店舗に一人は大変

比較的、お客さんが少ないであろうスガキヤでアルバイトをしていました。小規模なスーパーの一角にあるような店舗ですが、テーブルは15席ほどありましたので、休日のお昼になれば家族ずれも多く来店しそれなりに忙しいこともありました。基本、2人体制で仕事をするのですが、平日の暇な時間体は一人で仕事をさせられることもありました。そんな時に限って、学生の団体や、おばちゃんの団体がやってきて、一人ではてんてこまいになることもありました。一人ということは、注文を受けて料金をもらい、調理もなにもかも全て一人でしなくてはいけないので本当に大変でした。調理をしているときに「すみませーん!」とお客さんがくると、正直イラっとしたこともあります。そんなこともあって、笑顔で対応できないこともありました。スガキヤやラーメンの他にソフトクリームのデザートもありますので、案外大変なバイトだと思います。バイト一人でもできるような、調理システムにはなっていますが、マニュアルどおりいかないことも多いです。慣れてこれば、なんとなくできるようになりましたが、慣れるまでは本当に大変でした。一人対応で、ちょっと怖いお客さんとかくると本当に嫌でした。

お昼時がピーク!パートのおばちゃんが大変

スガキヤのアルバイトといえば、フードコート内での狭い中だし、あまり動かないだろうと思いがちですよね。しかし、下っ端若者アルバイトはおばちゃんパートの僕となり、ゴミ捨てから在庫補充から色々やらされるので重労働過ぎます。また、ラーメンや五目ご飯だけでなく、ソフトクリームもあるため、中々慣れるまでが大変です。おばちゃんの怒声を浴びながら働くのが。最初だからといって出来ないは通用しない(!)のがおばちゃんルール。ファーストフードなのでモタモタすることを許されません。慣れるまで焦らなくていいからね!そう言われても焦ってしまうのにもう最初からそうなので困る困る…麺の茹で時間やスープのお湯の量は決められているので、作り方は覚えてしまえば大丈夫なのですが…いかんせんソフトクリームが苦手で、いつまでたっても失敗していたのでずっとネチネチ言われていました。それでも、小さい子供の前ではでれっとするので、その時だけでしたね ホッと出来たのは。あと、大丈夫な方なら良いのですが、あの独特なスープの匂いを嗅ぎ続けていたので、いつもバイト中は気分が良くなかったです。なんで、苦手な匂いだと分かっていながら、安易にこのバイトを選んだのかなって感じですね。

回転率がいいので体力的に大変

僕はスガキヤでアルバイトをさせて頂いておりました。僕の働いていたスガキヤはパチスロ店の中に入っている店舗のスガキヤで主にターゲットはそこでの遊戯をしている人でした。それ故に1人のお客さんも多く、パッと食べてパッと出ていくスタイルのお客さんが多いため非常に回転率が早く、ピーク中は作って作っての繰り返しでした。特に最近ではどの店舗でも言えることなのですが、人員不足が問題となってきています。その影響もあり作るだけでなく洗い物をしながらだったり接客をしながらだったり、1人で行うぶんの仕事量もかなり多く、大変きついと感じました。特にスガキヤといえばラーメンです。ラーメン屋は基本的に温かいものを提供する。なので提供速度というものが肝心になってきます。早い速度でつくりなおかつクオリティーの高い料理を作らなければなりません。またそれ以外にもピークが終わりクタクタになっているところで店の片付けを行う店の締め作業をしなくてはなりません。コンロを磨いたり床をホースで流したりなどこれも結構手間のかかる作業となっており、ラストまでのシフトだと早くやらないと時間を過ぎてしまうこともあります。ただ、やりがいはあるバイトなのでやってみるのも悪くないと思います。