1分でも遅れると文句を言う客が多くて大変

仕事自体は楽しかったけど、お客さんの態度が横暴過ぎて困ることが多かったです。最初は店内でピザメイクするスタッフとして採用され、この時はまだ何も問題ありませんでした。ピザを作るのに覚えることはたくさんありましたが、一度頭にいれてしまえば単純作業なので楽々こなせるようになりました。電話でお客さんの注文を聞いても問題なく対応できました。きつくなり始めたのは、店長に配達スタッフに回って欲しいと頼まれてからです。ちょうど配達スタッフがバタバタとやめてしまいバイト代もあげてくれると言われたため引き受けました。初配達だったことと、道が少し混んでいたことから数分遅れで家に到着。一応謝罪はしようと思ってチャイムを鳴らしましたが、いきなり出てきたおじさんに「何時だと思ってるんだ!」と怒鳴り付けられました。もちろん謝りましたが、それでも怒りが収まらないようで5分くらい説教を聞くはめに。店に戻ってから店長に報告すると、たまにいるからとあっさり言われました。そしてその後も何度かお届け先で怒られることがあり、やっぱり私にはインストアスタッフの方が向いていると思いました。どんなに怒っていたお客さんでも、数週間後には何もなかったかのように注文して来ましたよ。クーポンもらえるから怒ったの?と疑っちゃうくらいです。

慣れたら大丈夫

高校時代から2か所ほどのピザーラで勤務したことがあります。昨年度までアルバイトしていました。最初に働いたところはメイク担当でアルバイト採用していただきました。全く初めてのバイトでしたし同じ高校生が多くとても楽しい!お小遣い稼ぐ!の感覚でしたしできないことが当たり前で見ていただけたので今考えれば気持ち的に楽でした。楽しんでできるバイトでしたが2か所目に勤務するときは主婦になってのパートでしたので今度はある程度常識がないとできないことだなと思いました。勤務はオープン準備の仕込みやポスティング、更には電話の受け付けにネットの受け付けの管理などを行いました。デリバリーがなくてもある程度電話で受け付けたりするとなると頭に地図を入れておく必要があります。ポスティングなどがありますので地図が頭に入っていると作業もスムーズです。また仕込みもメニュー数が沢山あるのでこの生地にはこのソースにトッピングなど慣れてくるとすぐにできますが慣れるまではかなりの時間がいりました。トッピング間違えてしまうとそのピザ自体は廃棄扱いになってしまうのでかなりの注意が必要です。またポテトなども種類がたくさんありますので電話注文などの場合は聞き取り間違いのには注意が必要でした。最初は大変でしたが数カ月もすればなれてくるものですよ。

とにかくクレームが多く大変です

宅配ピザは30分以内に届ける!と言うイメージが非常に強く、土日や雨が降った日などの忙しいときは40分~50分のおとどけですって言っても何も言われないけど、平日の忙しい時に40分っていうと「30分で届けるもんだろ!」と言われたり、配達で32分かかってしまった時も「ピザって30分で届けるんだろ?遅れたんだからサービスしろよ」などいわれることは当たり前でした。そういった背景から事故が増えたりしたこともあり30分以内のお届けというルールは無くなったけどお客様にはそれは知られていないから30分すぎると今でも結構たたかれる。原付バイクで配達するときは店番が記載されていて、自分の名前プレートも貼らなくてはいけない。原付だからそんなにスピードも出せないので車の邪魔になることもたまにあって、タチの悪い人だと「前のバイク乗ってる〇〇ってやつが遅くて邪魔なんだけど!」なんてお店に電話が来たりします。お店に電話がくる分には店長が誤りにくるだけなのでそこまで大きな問題ではないけど、HPのお問い合わせメールが届いたり、本社に直接電話が来ると現場の経験が無い本社の人間からおしかりの電話が来たり、直接店舗に足を運んで状況をみたりとかしてかなりキツイバイトだなと感じました。