肉体的にも精神的にも大変です

大戸屋では店内の飲食に加えて、持ち帰り用のお弁当のメニューもあります。期間限定ものなどもあり、メニューを覚えることも一苦労なうえにレジ回りのものごとも覚えなければなりません。クーポンの取り扱いもあるので、最新の情報を常に頭に入れておかないと業務に支障が出てしまうので大変です。キッチンでは常に慌ただしく動きまわっています。仕入れから始まり広いキッチン内の置き場を全て頭に入れておき、いつでも指示を受けたら一人でこなせるようにしておかないと、混雑時には邪魔者扱いされてしまうので精神的にもキツいです。内部の状態にも気を使いますが、ときおりお客様の中でも問題があったりします。というのもお酒を出すお店なので、他人に迷惑をかけるような人が現れたり、いろいろな処理に追われることもあるのでキッチンの人間だけでなくフロアの人間もストレスを抱えている人が多いです。私のいる店では、あまり長く勤める人は少なかったりします。店舗によっては違うのでしょうが…。夕方以降に働く人は、特に大変だろうなというのが私の印象です。混雑具合によっては学生アルバイトたちとお酒で賑やかになっている人たちを上手く捌いていかなければなりません。精神的にも肉体的にも疲弊することは覚悟しておく必要があります。

キッチンの仕事が大変です

大戸屋のバイトは接客は他の飲食店並みな忙しさだと思いますが、キッチンの仕事は他の店よりもやることが多く、なかなかきついバイトだと思います。私は料理の経験をしたいと思ったのと大戸屋の味が好きだったのでキッチンでのバイトをしたいと思いバイトに入りました。大戸屋は基本的に冷凍食品などを使用することはなく、一から手作りをするという形がほとんどでした。なので覚えることややることが非常に多く、バイトの日はクタクタになるくらいに疲れました。マニュアルはありますが、その日の材料の質などで少し加減をしたりしなければなりません。またキッチン内は非常に暑いです。揚げ物や炒め物の料理が多いためかいつも高温です。なので水分補給などは必須で、寝不足でバイトに行くと本当にきついので体調の管理はきちんと行ったほうがいいです。あとはキッチンの社員がかなり厳しかったのもきつかったです。バイトだろうと社員だろうと関係なく、失敗したら怒号が飛び交います。もちろん大事な材料なので失敗をするのはもってのほかなのですが、バイトに入って間もない頃でも毎日怒られていたのでこれはきつかったです。もしバイトの気分で料理したいと思うのであれば大戸屋のキッチンのバイトはやめておいたほうがいいです。本気で料理をしてみたいならオススメです。