ピークは本当に大変です

丸亀製麺は皆さんもご存知の通りお昼時ってすごく無いですか。普段はそんなにきついとかは無く他のバイトに比べれば俗に言うおばちゃん達が非常に多いので皆さん良くしてくれます。しかし、お昼のピークにお店に来店されてれば分かると思いますが、混み方が異常ですよね。ありがたい事なんですけど、やっぱり働いている私たちはもうてんやわんやなんです。うどんの茹でに始まり、天ぷらの補充、レジ、洗い物、テーブルの片づけなど次から次へと仕事が引っ切り無しにループするんです。もちろん一人でする訳では無いのですけど、やっぱりバイトだとひたすら動き回るしか無いんです。おばちゃんたちは効率が良いというのかうまく動いているので下手すら動くのはバイトの若い子たちです。普段は良いおばちゃんたちなんですけど忙しいときは本音で言っちゃえば、もっと動いてくれーーって言いたくなります。もう一度言いますけど普段は良い人たちなんです。まぁーそれはしょうがないとしてピークの時を乗り切れれば楽しいバイトでおばちゃんたちです。多分どこでもおばちゃんたちはそんなものですよね。良い人なんですけどなんかなーって感じです。時間が経って慣れてくればそれも楽しく思えてくるんで楽しいバイトだと思いますよ。

スタッフ不足で作業が大変です

丸亀製麺のアルバイトは、基本的にセルフサービススタイルため、それほどきつくはないと見られがちですが、明らかにスタッフが少ないと感じる場面が多々あります。一番きついと感じる場面は、やはり麺を茹でる作業でしょう。これは慣れることが先決になりますが、茹でる時間などがきっちり決められていますので、もし一人で対応しなければならない場合はとてもきつく感じます。ほとんどのメニューは、この麺を茹でる作業が関わっているため、少しでも遅くなってしまえば、注文を伺っていくタイミングもどんどんとずれていくため、長蛇の列が生まれてしまいます。ピークの時間帯には、店舗の外までお客様が並ばれることもありますので、茹で上がりそのメニューを提供するタイミングがとても大変に感じます。また、その作業を通常よりも少ないスタッフで対応しなければならないこともあり、お客様にとても迷惑をかけてしまうことが多くなります。丸亀製麺は、全てがオープンの状態で作業をしているため、長蛇の列になってしまっているお客様の冷たい目線がとても気になって作業に影響があるように感じる程です。ヘルプをしてくれるはずの周りのスタッフもとてもぎりぎりの状態で作業をしているため、やはりスタッフ不足が一番きつく感じるポイントでしょう。

昼食と夜ごはんの時間は激務の極みです

肌が弱い人、体力に自信が無い人はやめておいたほうがいいかもしれません。調理はしっかりとマニュアルが用意されていますし、器具も揃っているのでアルバイトでも簡単にできるようになります。しかし、勤務時間中ずっと立ちっぱなしで忙しく歩き回らなければいけませんし、食洗機から出したばかりの食器はかなり熱くて肌が弱い人にはかなりきつい作業になります。狭い厨房スペースの中で食材は膝下のスペースに確保しているので不足して補充するときはスクワットみたいな運動になりますし、麺が入っている袋は結構な重さがあります。アルバイトの中で自給が高い仕事でもないので、時給の割にかなりしんどい仕事だと言えるでしょう。特に厳しいのがちょっとしたミスをしたときです。丸亀製麺の店舗はどこも店舗内に仕切りがないオープンスペースになっているので、お客さんに丸見えの環境で叱られることになります。お昼の時間に来るお客さんは食べ終わったらすぐに帰ってくれるのでクレームを受けることはほぼありませんが、夜の時間に来るお客さんの中には店員に文句を言っていく人も居るのでストレスも溜まります。他に同じくらいの時給のバイトがあれば他のバイトにしたほうが良いでしょう。