女の子同士の人間関係が大変

20代の頃にベーカリーでバイトしていました。パンの成形や仕上げを覚えるのは、そほど難しくはありませんでした。オーブンのそばで作業するので暑がりの人は大変だったみたいです。バイトは全員女子大生や20代の女の子たちだったのですが、個人的には業務内容よりも、彼女たちとのコミュニケーションの方が神経を使いました。優しい人もいたのかもしれませんが、私のシフト時間帯は性格のきつい子たちばかり。そして自己顕示欲が強くて強くて辟易してしまうほどでした。業務中、とにかくいかに自分の方が優れているかというマウンティングの連続でした。しかも仕事内容に全く関係のない学校の話とか、買った服の話とかですね。私は神戸屋が大好きでバイトに選んだので、イメージと現実のギャップの落差がつらかったです。人間関係がつらくてバイトをやめようかなと思う気持ちと、好きな神戸屋で働いていたいという気持ちのせめぎあいの日々でした。ベーカリーに男の子が入ってきて、これでみんなギスギスしないで平和になるかなと期待したのですが、余計に彼女たちの嫌な部分がヒートアップしただけでした。でももしかしたら、私がコミュ障だったせいもあり、ひときわそんな風に感じていただけかもしれません。