食に興味がないと大変

モスバーガーでバイトをしていました。モスバーガーは本当に食に興味がない方でないときついと思います。というのは、食に特化している会社なので上層部の方達のこだわりが凄いです。割引などで、まかないのように食べれますがカロリーが高いので太りました。また、油ものを扱うので作業場はべたべたで終わると本当に臭いです。髪もべたべたなので、本当に嫌でした。全体的に、作業がきついのに時給は安いです。また、接客や衛生面でも徹底しているのはとても良いことなのですが、指導はかなり厳しかったので時給をもう少し上げるかコミュニケーションをラフにしたほうがいいと思いました。私は大学生の時ホールやレジをしていましたが、ダメだしも多かった気がします。辞めて他のバイトとの比較をしてみると、かなり楽に感じられましたし楽しく時給もよかった気がします。学生のバイトなどは特に、駒のような扱いでした。多分、食に対して興味があるのかないのかという所が分岐点だと思いますが、興味がそもそもないのなら辞めて違うバイトを探すのもありかと思います。もちろんですが、飲食なので爪などは伸ばせませんし、ネイルも出来ません。バンダナもまいたりするので、顔の大きさは隠せません。濃い化粧をしている人もいなかったです。価値観が合わず最終的には辞めました。

コントローラーの能力次第では大変

店舗の規模にもよりますが、ピーク時のキッチンではコントローラーというお店全体を回すポジションがあります。コントローラーは基本的に何もしませんが、オーダー内容を確認して、それぞれのポジションに指示を出す司令塔的役割です。そのコントローラが機能していなかったり作る人との息が合わないと店はお客様の不満の声で業務が一時止まるほどです。そんなコントローラーですが、基本的に何もしないのですが、テイクアウトの場合は商品を瞬時に梱包し、レジ担当者や、ドリンク担当者に品物とオーダー票を渡して、最終的な袋入れと、お客様にお渡しするのを指示出しするのですが、他のポジションの動きを見つつ、袋入れや、お客様にお渡ししたりします。コントローラーはあくまで司令塔ではありますが、瞬時に状況を把握して、場合によってはサイドオーダーのサポートに周り実際に作りながら、回さなければ回らないので相当きついです。なのでコントローラーが機能しないと、他のポジション担当者も優先順位がわからないため、待ちのオーダーを台に広げてしまい、作業が出来ず、苦情はもっぱらレジ担当者と、ドリンク担当者がお客様から苦情を言われることが多いので、コントローラーがしっかりしていない店舗は正直きついです。

営業時間から引き続きメンテナンスをする場合は大変

モスバーガーで夜のシフトでバイトをしていました。夜の時間帯はお客様もあまり来ないので、比較的楽です。但し店舗にもよりますが、お客様が途切れた時間帯からメンテナンスをするので、その時のお客様の流れを見て始めて行かないと終わる時間が遅くなります。後は酔ったお客様が店内で寝てしまい、対応に追われ、閉店作業が滞ると、終電に乗り遅れたお客様が団体さんで押し寄せてくるので、お断りをするのに時間が掛かりメンテナンスを始められないこともしばしばあります。中途半端な時間まで営業している飲み屋が近くにある店舗は比較的邪魔されます。そしていざメンテナンスを始めると、やはり油を大量に使うため中々落ちませんし、仕込みの時に出た野菜の切れ端などが下水に流れ込み、時間が経ち凝固し始めた油に引っかかり床が浸水することもあるので、そうなると重たい鉄板をどかして下水の清掃作業をしないことには先に進めないので時間との戦いになります。深夜帯の開始時間は店舗により異なりますので、営業時間帯と、メンテナンスを分けている店舗は比較的このようなことは起きませんし、シフトで交換となりますので、イレギュラーなことがあれば、大概上がり作業の一環でやって貰えることもあるので、営業時間から引き続きメンテの場合は結構きついです。

お昼のピーク時は大変

以前、モスバーガーでバイトをしていまし。モスのバイトは曜日や時間帯にもよりますが、必ずピークの時間帯があります。曜日に関係なく混み合うのがやはり昼時です。自分が働いていた店舗は学校が多く、学生さんが多く来店するので、学校が終わる時間帯もそれなりに混みますが、大概の学生さんはドリンクとサイドオーダーでポテト位しか頼まないので昼時のピークに比べれば幾分楽かもしれません。昼のピーク時にきついのはやはり、オーダーを頂いてから準備をするところです。パンズやパティ(肉)はある程度焼きながら対応が出来ますが、ホットチキンバーガーや、ロースカツバーガーなどの揚げ物を利用したバーガーや、ライスバーガーなどはピーク時に売れるのがわかっていても、どのタイミングで出るか予想が出来ないのです。そのため、オーダーが入ってからフライヤーに入れるので通常のバーガーよりもお時間を頂くケースも多く、注文が上下してしてしまい、後から来たお客様が先になり苦情の対応などもしなければならないので手が止まってしまい、他のお客様に提供する時間が遅くなったり、もっとも美味しい焼き加減を逃して美味しくなくなったり、と一番大変な時間帯です。後は店舗の規模にもよりますが、ピーク時はそれぞれの役割で動いているので、互いにフォローが出来ないこともあります、そんなときに一番辛く当たられるのがレジ担当者です。