クレーマー対応が大変

猫好きだったので学生時代に都内の猫カフェで一年間ほどアルバイトしておりました。隠れ家的なお店で、個人経営のまったりとした店舗でした。チェーンだと猫の扱いが悪いだとか色々良くないウワサを聞いたので、私はあえて個人経営のお店を選びました。あまり仕事内容もマニュアル化されておらず、のびのびと働くことができました。仕事で大変だったのはクレーマーの対応です。猫に手を舐められたことでクレームを伝えて来たお客さんなどもおりました。いろんな考え方があるとは思いますが、お店としてはとりあえず謝罪しなくてはいけません。そういうお客さんへの対応で気持ちがどんどん擦り切れていってしまい、アルバイトをやめました。猫はとても可愛くて癒されます。猫好きの方にはこれ以上ないほど楽しいアルバイト先ではないでしょうか。お店によっては、狭い店舗内に猫をたくさん詰め込んで飼育しているような劣悪なところもあります。そういう店舗は避けて仕事探しをすることをおすすめします。かわいそうな猫たちを見るのは辛いので…。猫の飼育法について勉強にもなりましたし、学生時代に働くことができてとてもいい経験ができたと感じています。学生さんにもおすすめです。

猫アレルギーになると辞めなければならないのがつらい

猫カフェのバイトをしてきつかったことは、自分が猫好きなのに軽いアレルギー症状が出てしまったことです。猫カフェでは基本的にはお客さんへの接客業務が4割ぐらいの仕事内容を占めています。後は猫の世話などが3割ぐらいで、その他の業務が3割ぐらいといった感じです。私も猫カフェでバイトをするきっかけとなったのが、自分が猫が好きなのに家で飼うことができないので、猫カフェでバイトをしようと思ったのがきっかけでした。猫好きな先輩達やお客さんに囲まれながら、たくさんの猫がいる職場で働いていると、猫がいることが当たり前に感じてきます。いつまでもバイトをしていたいと思うくらい、猫カフェでのバイトは気に入ってました。しかしある時からくしゃみが止まらなくなってきたことがあり、初めは夏風邪かと思っていました。しかし長い期間くしゃみが止まらないことが続き、家に帰ると少し落ち着くのでもしかしたらと思い、病院に行って検査をしました。案の定猫アレルギーの症状が出てしまったとのことで、猫好きな私にとってはかなりつらい申告を受けてしまいました。今まで猫を飼ったことは無かったのにいきなりたくさんの猫と触れ合ったことによって、アレルギー症状が出てしまったとのことです。仕事も楽しくやっていたのに、猫アレルギーという診断が出たことは、猫好きな私にとっては何よりもショックを受けるつらい申告でした。

猫好きだけど大変

わたしは猫が大好きです。そんな、わたしは天職に出逢ったと思いました。猫カフェという、カフェでありながら、その中を猫を放し飼いしており、おもちゃやアスレチックのような高台があり、そこで自由に動き回る人馴れした猫たちを眺めたり、写真を撮ったりできるところです。そこで、働けるということで、今までバイトが続かなかったわたしも絶対に楽しく続けられると思ってました。ところが、実際に働いてみるとめちゃくちゃキツイです。わたしが行っていた猫カフェは猫が10匹いるのですが、10匹もの猫を一部屋で飼っていると匂いや壁のキズ、トイレの処理など、本当に大変です。しかも、当たり前ですが、お客さんも対応しないといけないです。しかも、そのお客さんにとても気をつけないといけないです。猫好きな方が集まるのですが、中にはルールを守らない人もいます。例えば、猫にはなるべくストレスを与えないでもらいたいのですが、可愛さ余ってか、押さえつけたり、ベストショットを撮ろうと決まったポーズをするまで追いかけ回したりする人もいます。そんな方には注意するのですが、逆ギレされたりしました。確かに猫は好きですが、ルールを守らない人は苦手です。