待たれているお客様への対応が大変です

大学生のときに、星乃珈琲で2年間アルバイトをしていました。車通りが多い大きな道路沿いにある店舗だったので、開店から閉店までずっとほぼ満席でした。一番きつかったのは、常に満席だったので、席が空くのを待つお客様が何組もいて、そのお客様への対応でした。特に午後2時から4時は、中年女性のお客様が多く、「まだ席はあかないの?いつ空くの?」などということを何度も言われました。その時間に来店されるほとんどのお客様は、コーヒーをゆっくり飲んで楽しまれているので、なかなか席は空きませんでした。何度も何度も、待っているお客様に呼ばれ、予想もできないのにいつ空くか聞かれることは、本当にストレスでした。一度、30分ほど待たれていた女性に、「お店のスタッフの案内の要領が悪い!いつまで待たせるの!」と怒られました。そのお客様が待たれていることと、私たちスタッフの要領などは全く関係ないにもかかわらず、私が謝ることになりました。時間制限などをつくろうかという案もありましたが、やはりお客様にはゆっくりコーヒーを楽しんでいただきたかったので、その案もなくなりました。待たれている場所に雑誌を置いたり工夫をしましたが、やはり待たれているお客様からよく文句を言われ、とつもきつかったです。

休憩の時間が短いので大変です

私は、星乃珈琲でバイトをしていました。最初はかなり緊張して、けど星乃珈琲の上のかたがたは、笑顔で優しく丁寧に仕事内容を教えていただきながら時給850円で働いていました。お客様にはとても気をつかい、テーブルにご案内したり、あとかたずけなどや注目を受ける仕事内容でした。いそがしいときは、レジに列ができるほどのお客様の数で、そんなときはなかなか、休憩がとれずそして、休憩のほうも5、6人で回さないといけない為、休憩時間も10分なんですけど、次の人にも休憩を回さないといけないので、皆さんも休憩をそこまでとられないので、休憩時間は10分もありませんでした。だいたい、たばこを1本吸ったら、休憩おわりみたいな感じでした。お昼、休憩も20分ぐらいしかありませんでした。そして、お昼休憩の方も皆で回さないといけなかったので、お昼に休憩をとれるわけでもなく、最後に休憩がまわってきたら、1時20分から昼、休憩でした。そして、お昼休憩も20分しかないので、ご飯たべてすぐ休憩は終わりだったのです。その為、弁当など買いに行くことなどできず、前もって、買ってからいかないといけません。1日、働くなかで、休憩時間は、気をぬいて休ましてほしいと思いました。星乃珈琲は休憩とゆう休憩はないと思いました。

ホールでの仕事がきつい

私は星乃珈琲でバイトをしていました。星乃珈琲のバイトは主にホールとキッチンでのバイトがあるのですが私はほとんどホールでの仕事を任されていました。私が行っていた店は地方で新しくできたということもあり平日も土日も御客さんが多く、特に土日は1日中、特にお昼とおやつの時間くらいがとても混んでおり並ばなければ入れないというくらいでした。席が空いているかの把握や、テーブルの拭き作業などはもちろんですが、あまりに人が混んでいると長時間滞在をしている御客さんに空けてもらうようやんわりと促したりすることもきつかったです。喫茶店のような作りで居心地もいいのでつい長居したくなる気持ちもわかりますが、お客さんが並んでいると店の回転率も考えて動かなければなりません。時にはカフェなのになぜ長居してはいけないんだなどという文句を言われたりすることもありとてもきついなと悩むこともありました。また客層は外国人の人も多かったため通訳をするのにとても困難しました。コーヒーやパンケーキなど、メニューの言語はわかるのですが、お金を清算する時などお客さんがわかっていなかったら一緒に数えてあげたりすることも結構あったのでレジに時間がかかったりもしました。