人手不足で大変です

リンガーハットで調理業務とホール業務でアルバイトをしていました。アルバイトで入ったばかりの頃は調理希望だったため、始めのうちはキッチンに入り浸りでしたが慣れるにつれてレジや接客もやらざるを得なくなったのです。キッチンの仕事といっても、難しい本格的な調理のイメージではなく簡単なものばかりです。メニューの数も他の飲食店に比べて少ないことと、お客さんがオーダーする品も大体は決まっているパターンが多いため、混雑時にも対応がしやすいです。ホールに関しては、お客さん次第で大変な具合も日々変化していくため、運次第なのはどこの飲食店でも同じだと思います。私が業務で大変だと感じたのは料理全般の盛り付けです。調理の経験も皆無でしたから、先輩に教えていただいても不思議と同じようにならないんですね。調理までは簡単でも、その後の仕上げ段階が問題でした。これはちょっと雑な盛り付けだなと自覚するレベルでしたので、あまりに不器用な人は向いてないかもしれません。しかし、何よりもキツイのはアルバイトの人数が致命的に不足していたことです。人を募集して新人さんが入ってきても、次の日には来ないなんていうのは珍しいことではありません。酷いときには昼休憩明けで辞めると言い出す人もいたぐらいです。私も働いている時に何度辞めると店長に言ったことやら覚えていないくらいです。これは、一部ベテランアルバイト達の新人に対する態度や教育の問題で、怒鳴る必要がないところで怒鳴る、教えていない作業が出来ないと嫌味を言う等の理由で人が寄り付かなくなってしまうのです。幾度となく店長に相談はしましたが、問題は把握しているがこれ以上、人を減らすことは出来ないとのことで解決には至りませんでした。当然、店舗によると思いますが常にアルバイトを募集している店は危険だなと感じた体験でした。

シフトが大変です

リンガーハットのバイトはシフトがきつかったです。隙間時間でのアルバイトで入ったんですがファーストフードのアルバイトをいくつかした経験があった為に慣れるが早く勤務日を増やして欲しいと頼まれてしまいまして。必要とされているのは嬉しかったので可能な限りは引き受けました。働くのは好きでしたから。しかし他のアルバイトの方は小さいお子さんのいるパートタイマーさんや、よくサボる若い女子大生とかでしたのでシフトに穴が開くとさらに勤務時間が増えるようになりました。店長は社員さんの為に定時で上がりますので帰ってからとか店長が公休の日は雑務まで引き継がなければならずだんだんとキツくなってきました。アルバイトは常に募集してますが時給が安いのか常とに人が少なかったです。自分も色々仕事をまかされましたが他のアルバイトの方と時給も変わらず正直、割に合わないなと感じてきました。またホールから調理まで一通りできるようになってならは新しいアルバイトが入ると教えたりしなければならず疲れます。もちろん社員なら当たり前のようにやるんですがアルバイトで。仕事が楽しくスタッフに恵まれていてもシフトがきついとそれが理由で辞めていくアルバイトも多かったです。

外国人とのコミュニケーションが大変です

基本的にリンガーハットは働きやすい職場でした。手順やオペレーションが確立されているので、仕事にもすぐに慣れます。唯一、きつかったのが外国人アルバイトとのコミュニケーションです、リンガーハットでは留学生をはじめ、多くの外国人が働いています。皆友達も同僚としてはとても素晴らしい人たちでしたが、同じ店舗で勤務する中で、言葉の壁は少なからずありました。お客様との決まったやり取りや、想定される問答は問題ないのですが、イレギュラーな質問が来たりするとやはりスムーズな対応は難しいのが現状でした。そうなると我々日本人スタッフがサポートに入ることになり、その分自分の仕事に割く時間が失われるのは事実です。様々な研修を通じて、外国人スタッフに言語習得の機会を作っているようでしたが、やはり母国語との差は簡単には埋まりません。ただ外国人スタッフはどちらかと言うと都内など都会の店舗に多いだけで、郊外の店舗にはほぼいませんので、店舗によっては気にしなくても大丈夫です。仕事で少し困ることはあっても外国人とのコミュニケーションは非常にいい経験です。言語としてはもちろん、考え方や文化など一緒に働くことで見えるものがあるのは間違いありません。外国人の友達が出来たのはリンガーハットで働いた時給以上の経験値となりました。