電話で怒鳴られたり、契約に取り付けるのが難しく大変です

テレアポの仕事は通常、その電話を待ち望んでいる人に対してアクションを起こしているのではなく電話を待っていない人に対してアクションを起こしているのでかかってきた電話自体を毛嫌いされることが多々あります。それにより知らない電話だからガチャ切りされる、そっけなく切られる、今忙しいと言われることがあるだけでなく「どこでうちの電話番号を知ったんだ」「何のためにかけているんだ」「迷惑だということがわからないのか」と怒りをぶつけられることも少なくありません。しかしどんなに怒鳴られても相手先はアポイントを取りたいいわばお客様になるかもしれない相手先なのでこちらの怒りやくやしさは何と言われても反論することなくこらえなくてはなりません。対面ではなく、電話だからこそ強い口調になれるという人もたくさんいるのでそういった言葉一つ一つをスルーできるような人でないとメンタル的にやられてしまうことが多いバイトです。また、バイト先ではノルマを掲げられることも多く、その達成は想像以上に大変なことでアポイント先に対してもバイト先の管理者に対しても気をもむ場面があります。販売するサービスや商品によって大変さが異なりますので扱う商品のチェックが大切です。

精神的に辛くて大変です

仕事を探していて、とにかく早く稼がなければと焦っていた時に見つけたのがテレアポの仕事でした。誰でもできる上に、高時給。面接に行くと、即採用でした。マニュアルが完備されているので、電話をかけてそれにそってお話するだけです。電話番号は、一覧を渡され、電話をかけたらチェックしていきます。確かに、簡単です。初めてでもすぐにできます。ただ、きつかったのは、マニュアル通りにはいかないということでした。10件電話をかければ、10通りの受け答えがあります。話を聞いてくれる人もいれば、罵声を浴びせてくるような人もいるのです。そして、話を聞いてくれる人は、少数でしかありません。こちらの説明を遮って、あれこれ問い詰められると、マニュアルにないことには、うまく答えることができませんでした。どんな人が電話に出るのかわからず、1件かけるごとにドキドキしてしまいました。商品を売るために契約を取らなければいけないのですが、契約を取ることよりも、何とか穏便に会話ができれば、ということにばかり気を取られていました。ですから、なかなか良い結果にはつながりません。ひとり暮らしのご高齢の方の電話にかけた際には、こちらの説明も熱心に聞いてくれたので、期待していたのですが、どうやら誰かと会話をすること自体が楽しかったようです。気持ち的にへこむことが多く、なかなか難しい仕事なのだなと実感しました。

耳元で怒鳴られるのが苦痛で大変です

テレアポでもいろいろな内容があるのでみんながそうだとも限りませんが、私がしていたテレアポは営業でしたので電話を掛けるだけで迷惑だ!と特に怒られることが多かったです。面と向かって怒られるわけではないのだから身体に危害も加わらないし、顔も覚えられないのだからそんなにきつくないのでは、と思いがちですが、電話だとイヤホンが常に耳元にあるのでとても近くで怒鳴られた感じになります。なので、怒られてなくても常に片耳から音が聞こえているという状態で辛いのですが、それが怒られる、怒鳴られるだと身体的にも精神的にもつらいです。そして、先方もおそらく電話越しだからかとても強気にこられます。こちらから切ることはできないので、先方の言い分を聞いて終わりを探すのですがいきなりガチャン、と切られる方もいれば、終わらせてくれないお客様もいて、ひどい時には1本の電話で1時間近くお話をするということもありました。また、ひどく怒られた直後だとこちらもトラウマという程ではないかもしれませんが、すぐに次の仕事に取り掛かるのが怖くなってました。それでも仕事なので電話にでないといけないのですが、向かい合う先には電話とパソコンしかないので気分転換もできず、気持ちの切り替えが難しいです。中にはとても親切なお客様もいるのでやりがいを見つけ、気持ちの切り替えが上手な人にはいいとは思います。